2004年 09月 17日

コンビニで薬の販売

コンビニエンスストアで、大衆薬の販売が始まりつつあるそうです

夜中に急に必要になる場合がある薬が、コンビニで販売されるのは非常に便利になります。
ただ、やはり一部に限定されるようです。

というのも、一般的な風邪薬や解熱剤でも、症状等によっては生命にかかわることもあるので、薬剤師の指導が必要だと言う理由からです。
しかし、実際にはドラッグストアで薬を購入する際には、薬剤師の指導を受けることなく買えることが少なくありません。
専門家の指導が必要なのであれば指導を徹底してほしいですし、不必要であればどこでも買えるようにしてほしいものです。

実態と理念が大きくかけ離れていることが、問題です。
ドラッグストアがコンビニをはじめるのが、一番いいのかもしれません。
[PR]

by starbucks2 | 2004-09-17 01:17 | 新情報


<< 映画の料金は1000円?      地上波デジタルの放送地域が拡大 >>