2004年 10月 10日

松屋も中国産で牛丼復活

牛丼チェーンの松屋が、中国産の牛肉で牛丼を復活させることを決めました。(NIKKEI NET)
BSE問題で牛丼チェーン各社が販売休止にしてからも、依然として牛丼の需要は高いようです。
先に復活させた、すき家ではかなりの好評のようです。

一方、牛丼チェーン最大手の吉野家。
アメリカ産の牛肉にこだわり、輸入再開までは復活させる予定はないようです。
そのためか、24年ぶりの赤字転落です。

しかし、吉野家も9月には、牛鉄鍋膳などの代替メニューが軌道に乗ったのか、月間での黒字を回復した様子。
本来の味にこだわった吉野家の戦略が、将来的に成功するのか。
その答えがでるのは、何年も先かもしれません。

「牛めし」
並盛り390円
10月13日午前11時から、全国約640店の松屋で販売再開。
[PR]

by starbucks2 | 2004-10-10 03:44 | 新情報


<< 三越、日本橋本店新館オープン      マックシェイクの「杏仁娘」 >>