2004年 04月 03日

岡本選手、個人資格でも出場が難しい?

テコンドーの岡本選手、JOCの会見で個人資格での出場を模索するような発言があり、出場の可能性が残ってひと安心。
しかし、この個人資格での出場は、実は難しいようです。

個人資格の出場は特例措置で、いままでで2回しかないそうです。
1回は内戦状態だった旧ユーゴスラビアの選手。
そして、もう1回はインドネシアから独立したばかりの東ティモールの選手です。
つまり、戦争状態や新興国であるために統括団体がないような場合の措置で、今回のような国内の団体が分裂しているような場合は想定されていないのです。

しかも、個人資格での出場には、JOCの同意のほか、国際オリンピック委員会(IOC)、国際テコンドー連盟(IF)の同意も必要となっています。
で、IOCとIFは、日本の統括団体の分裂についてよくわかっていて、あまりいい印象をもっていないそうです。
だから、同意が得られるか微妙なのです。

まだまだ、ハードルのある岡本選手のオリンピック出場。
何とかならないものでしょうか。
[PR]

by starbucks2 | 2004-04-03 02:21 | ニュース


<< 「24」を見てしまった!      営団地下鉄が東京メトロに >>