2004年 12月 28日

コンビニが24時間営業を止める

ローソンが24時間営業見直し―たまり場批判を配慮 (YOMIURI ON-LINE)

ローソンが、一部店舗で24時間営業をやめることを検討しているそうです。
オーナーの負担軽減と、深夜のたまり場になるのを防止するためとのこと。

たしかに、深夜に売上げが期待できない地区では営業していても、コストがかかるばかりで利益的にはマイナスかもしれません。
治安悪化の原因となるのでは、弊害も大きそうですし。

ただ、コンビニというと24時間いつでも開いているというのが、いままでの売り。
深夜開いていない店ができるとなると、不便なコンビニのイメージがつかないかが心配ですね。
地域的にも、深夜コンビニがしまってしまう不便な田舎町ということに。
そこらへんが、ネックになるのでは?
[PR]

by starbucks2 | 2004-12-28 00:00 | 新情報


<< 新潟中越地震復興宝くじ発売へ      銀座松坂屋が高層ビルに? >>