2005年 01月 25日

現代版ロミオとジュリエット

夫が自殺した後で、妻が昏睡状態から目覚める | Excite エキサイト

スターバックスで、いまキャンペーン対象商品になっている「カフェ・ベロナ」。
この名前は、「ロミオとジュリエット」の舞台であるイタリアの街・ベロナからつけられています。
このベロナから64キロ離れたパドゥアという街で、ロミオとジュリエットそっくりの悲劇が起きたそうです。

ロミオとジュリエットの最後は、毒薬を飲んでわざと仮死状態になったジュリエットを発見したロミオが、ジュリエットが死んだと思い、自殺してしまいます。
眠りから覚めたジュリエットは、自分の横で果てているロミオを発見してしまう。

今回起きたのは、心臓発作で4ヶ月昏睡状態に陥った妻を看病していた夫が、絶望して自殺。
ところが、その数時間後に妻の意識が回復。第一声が、夫は何処かとたずねたとの事。

なんとも悲しい悲劇です。
最後まであきらめなければ、こんなことには・・・・・。
[PR]

by starbucks2 | 2005-01-25 02:30 | ニュース


<< コンビニで丸かぶり寿司      もうすぐオープンのスタバ >>