スターバックスと新しいもの大好き (by Starbucks Links)

starbucks.exblog.jp
ブログトップ
2004年 04月 24日

圏央道できないの?

環状道路が不足している首都・東京。
首都高速中央環状線、外郭環状道路(外環道)、首都圏中央連絡道路(圏央道)の3つの環状高速道路が計画され、現在建設中です。
一般道の環状8号線などを、東名道から関越道・東北道へ向かう通過トラックで混雑しているのを見ると、これらの環状道路が早くできて欲しいものだと思います。

ところが、圏央道の用地買収に関しての訴訟で、圏央道の事業認定そのものを取り消す判決が出ました。
これ以上にないほどの住民側全面勝訴の判決です。

この判決を見た方には、公共性を無視した住民側に偏った判決だと思う方もいらっしゃるかと思います。
石原都知事は、さっそく批判していますね
確かに、この裁判はいままで行政側に厳しい判決を出してきた藤山雅行裁判長が担当したということもあります。
しかし、それ以上に、この訴訟では国は負けるべくして負けたのです。

この訴訟では、事業の公共性が争われました。
なぜ、1つ2つではなく、3つも環状高速道路を作る必要があるのか?そして、日の出ICのすぐそばにあきる野ICを作る必要があるのか?
この点について、国はほとんど立証をしなかったそうです。
立証がなければ、どんなに国を勝たせようと思っても、裁判所は国敗訴の判決を書くしかないわけです。

なんで、国は負けるとわかっていて、立証をしなかったのか。
おそらく、説明ができないということが国もわかっていたのでしょう。
確かに、判決で言われているように、3つに分散投資していると完成に時間がかかってしまいます。
建設賛成の立場でも、3つとも作りかけになるよりも、どれか1つを先に作って欲しい。
なのに、なぜ3つ同時建設なのか?誰も説明できません。
この判決は、そんな計画当時の独善的な行政のあり方を断罪したのではないでしょうか?

小田急線高架訴訟でもそうでしたが、建設を差し止めるようなことはしていないわけです。
どうせ控訴するので、高速道路の建設は進む。
そして、高裁・最高裁では、国寄りの判決が出ることが多い。
この判決の実態は、そこを見越して、従来の行政のあり方に猛省を促しつつ、実は建設を容認しているバランスを図った判決であるように思えてきます。
[PR]

by starbucks2 | 2004-04-24 01:39 | ニュース


<< フィールド新宿本店オープン      三菱自動車、見捨てられる? >>