スターバックスと新しいもの大好き (by Starbucks Links)

starbucks.exblog.jp
ブログトップ
2005年 09月 01日

「スターバックス ディスカバリーズ」、9月27日販売開始

スターバックスとサントリー、スターバックスブランドのチルドカップコーヒーを発売(日経プレスリリース)

スターバックス・コーポレーションがサントリーとRTD(Ready To Drink)商品で提携していましたが、ついに共同開発商品「スターバックス ディスカバリーズ」が、9月27日に一都三県(東京、神奈川、千葉、埼玉)のコンビニエンスストアで販売開始になります。

商品はチルドカップのコーヒー2種類、「シアトル(ラテ)」と「ミラノ(エスプレッソ)」。
シアトルは、ミルクたっぷりでなめらかな味わいの商品。
ミラノは、甘さを抑えた力強い味わいの商品となっています。

スターバックスの店舗にまで行けないけれども、缶コーヒーじゃ満足できないときに、手軽にコンビニでスターバックス商品を手に入れることができます。
これからは、スターバックス店舗でのコーヒーと、コンビニでの「ディスカバリーズ」、今まで以上にスターバックスを楽しめそうです。

「スターバックス ディスカバリーズ シアトル(ラテ)/ミラノ(エスプレッソ)」 
 200mlカップ・200円
http://www.starbucks.co.jp/rtd
2005年9月27日(火)に、東京・神奈川・千葉・埼玉のコンビニエンスストアで販売開始。
2005年10月18日(火)に、茨城、栃木、群馬のコンビニエンスストアで販売開始。

日本法人のスターバックスコーヒージャパンも、株主総会でのCEOの解答によると、開発段階から相応の関与をしているそうなので、何らかの利益を得ているようです。
また、従来の店舗での販売への影響についても、影響はないと考えているとの解答を株主総会でいただきました。
[PR]

by starbucks2 | 2005-09-01 23:41 | スターバックス


<< セブンイレブン、飲み物値下げ      スターバックスの既存店、4年ぶ... >>