スターバックスと新しいもの大好き (by Starbucks Links)

starbucks.exblog.jp
ブログトップ
2004年 05月 11日

Winny開発者、逮捕

ファイル交換ソフトWinnyを開発した東京大学の助手が逮捕されたそうです。
Winnyは、画像、音楽、PCソフト、ゲームなどなどのデータをネットユーザ同士で、無料交換をできるようにするソフト。
しかし、ネット上での無料交換は、著作物の私的利用の範囲を超えているので、当然著作権法に違反する違法行為。
特に、Winnyは匿名性が高いため、悪質で違法性が高いと問題視されていました。

本来、逮捕されるべきは違法なソフト交換をしているWinnyのユーザーで、ソフトの開発自体は違法性はないはずです。
しかし、今回は「著作権に対する考え方を変えさせたかった」と供述していることから、違法なファイル交換がされることを狙って作成していたといえるため、著作権法違反の幇助罪として逮捕されたのでしょう。

なお、Winnyは、ネット上のWinnyユーザーのPCを転々として目的のファイルを探す方法をとっています。
そのため、自分がファイル交換をしていなくても、Winnyを入れているPCの電源を入れているだけで、違法なファイル交換を手伝っていることになります。
つまり、理論的には、WinnyをインストールしているPCをつかっている人は、全員著作権法違反の共犯(幇助罪)として逮捕することが可能だそうです。
ご注意を。
[PR]

by starbucks2 | 2004-05-11 02:22 | ニュース


<< チョコレート・クリーム・フラペ...      カメラのさくらや、買収される >>