2005年 11月 13日

村山貯水池堤防工事を見る

a0000743_3412044.jpg子供の頃から、工事現場があるとどんな工事をしているのか、のぞいてみたくなる。
最近は、大人向けの社会化見学も人気らしい。

ちょうど、東京の水がめの一つである村山貯水池が80年ぶりの改修工事の見学会をやるというので見に行った。
説明用のブースは若干物足りないところもあったが、実際の工事作業のデモストレーションや重機の運転席に乗ったりできたので、ちょっと面白い。

帰りに、ペットボトルの「東京水」をもらって帰りました。
この「東京水」、高度浄水処理水という水道水で、普通の水道水と違い、知らずに飲むとミネラルウォーターと区別がつかないかも。
水道水が、徐々にこの水に変わっているそうです。
こうやって、東京の水道も進化しているんだなあ、と感じた一日でした。

工事見学会は、13日(日)16時まで、村山下貯水池(多摩湖)(西武遊園地駅下車徒歩5分)にて。

村山下貯水池(多摩湖)堤体強化工事見学会を開催します (東京都水道局プレスリリース)
[PR]

by starbucks2 | 2005-11-13 03:40 | 新情報


<< 流行語大賞ノミネート発表      運賃無料!カジノつき飛行機 >>