スターバックスと新しいもの大好き (by Starbucks Links)

starbucks.exblog.jp
ブログトップ
2005年 11月 30日

耐震強度偽装マンション問題はどこへ行く

耐震強度偽装、木村建設側が鉄筋削減要求認める・衆院委 (日経住宅サーチ)

いま、最も大問題になっているマンションの耐震強度偽装問題。
ついに、怖くて家からでられなくなった姉歯設計士を除く関係者が国会に呼ばれる事態に。
責任の擦り付け合いと、ばらしあいになってきました。

しかし、言っている事が次々変わったり、新たな事実が次々と発覚するなど、ますます信用がなくなり、企業の危機管理としては最悪ですね。
見ているほうとしては、もう他の設計士によるマンションも心配になってくるくらいで。

これだけ住めなくなるマンションが次々とでてくるようになると、被害者救済に税金を投入しなければならない事態にもなりそうです。
ただ、今回はこれだけ大問題になったから救済しろとの声がでてきますが、他にも同じように家について補助してあげたほうがいい人はいるような気がします。

手抜き工事で、いつつぶれるかわからない一戸建てを買わされた人。
震災や水害などで家を失った人。
こういった方々も、同じように救済してほしいのに、ほとんどほったらかし。
救済するならば、統一的な手段にしてあげてください。

これだけ被害が広がるなら、代金の一定額を全購入者と販売店が強制的に一定額を支払う保険などを作って、家を失う人に給付してあげるようにしないといけないかもしれません。

株式会社木村建設
株式会社ヒューザー
株式会社総合経営研究所
イーホームズ株式会社
日本ERI株式会社
[PR]

by starbucks2 | 2005-11-30 02:58 | ニュース


<< セブンイレブンが、独自の電子マネー      「白金アエルシティ」オープン >>