2005年 12月 29日

ローソン、24時間営業見直しへ

ローソン、24時間営業を一部廃止へ オーナー高齢化で (asahi.com)
コンビニ、後継者確保に懸命 24時間営業見直し (asahi.com)

ローソンが、一部の店舗について24時間営業の見直しをするそうです。
理由は、店舗オーナーの高齢化。
24時間開けているのは、つらくなった人が多いようです。

コンビニは店舗オーナーが不足気味のようで、店舗はできているのに、「経営者募集」の看板を掲げたまま、オープンできないでいる店舗も見ることがあります。
オーナーが見つかるまで、直営にして社員が交替で働くなんてできないんですかね。
現場の気持ちがわかるようになって、商品開発やサービス改善にいいような気もしますが。

24時間営業も、深夜も集客が見込める市街地ならばともかく、地方ですべてのコンビニが24時間営業する必要性は低いのかも。
地球温暖化対策や省エネルギーの点でも、営業時間の見直しはいい影響が及ぼしそうです。
コンビニが初めてできた頃、セブンイレブンがその名のとおり、朝7時から夜11時までしか営業していなかった時のようになるかもしれません。

ただ、24時間営業の店舗とそうでない店舗が混在すると、そのコンビニが深夜も営業しているのかわからず、ちょっと困りそう。
営業時間がわかるような店舗名にしてもらえると助かりますね。
24時間営業なら「ローソン24」で、夜閉店するなら「ローソン16」にするとか。

http://www.lawson.co.jp/
[PR]

by starbucks2 | 2005-12-29 23:02 | 新情報


<< 年末年始は、モカ・バレンシア      松井秀喜、日本代表辞退 >>