2006年 01月 20日

コニカミノルタ、カメラとフィルムから撤退

コニカミノルタ、カメラ・フィルム事業から撤退 (Nikkei Net)
コニカミノルタ、カメラとフィルムから撤退・デジ一眼はソニーへ (IT-PLUS)

コニカミノルタが、カメラやフィルムといった写真事業から撤退するそうです。
デジタルカメラの急速な普及で、アナログの銀塩カメラは売れなくなり、フィルムの需要もかなり減りました。
その一方で、デジタルカメラはいろんな企業が参入し、激戦状態で儲けが出にくい状態。
成長が見込める分野に絞り込むのは、妥当なのかもしれません。

しかし、ミノルタといえば、世界初のオートフォーカスカメラ一眼レフカメラとして一世を風靡したアルファシリーズで有名なメーカー。
コニカも、さくらカラーが前身のコニカカラーという、フジカラーと並ぶほどの日本のフィルムブランドのメーカー。
アルファシリーズのデジカメについてはソニーが引き継ぐとはいえ、写真のイメージが強い老舗メーカーの撤退はかなり寂しいものがあります。
これも、時代の流れなのかもしれません。

http://konicaminolta.jp/
カメラ事業、フォト事業の終了と今後の計画について (コニカミノルタ・プレスリリース)
[PR]

by starbucks2 | 2006-01-20 00:14 | 新情報


<< スタバの角田雄二CEO退任へ      川崎BEのラーメンシンフォニー >>