スターバックスと新しいもの大好き (by Starbucks Links)

starbucks.exblog.jp
ブログトップ
2006年 01月 21日

アメリカ産牛肉に危険部分混入

米産牛肉、安全確認まで再び輸入停止・危険部位混入で (Nikkei Net)

アメリカからの圧力で、万全の管理体制をとることを条件に再開かれたアメリカ産牛肉。
輸入再開から、たった1ヶ月でBSEの危険部位が混入し、輸入全面中止の事態となりました。

もともと、アメリカでの飼育方法、危険部位の除去方法、管理方法などには安全性に疑問があるといわれてきました。
予想されたことかもしれませんが、アメリカの主張する「万全の体制」がいかにいい加減か、アメリカの手で証明されたことになります。
まあ、アメリカでは多くの人がBSEなんか気にせずに、バンバン牛肉を消費し続けているようですから、そうなるのも仕方がないかもしれませんね。

これで、アメリカ産牛肉の安全性に対する信頼は、ますます低下。
BSEになってもかまわないくらいのつもりでないと、食べていられなくなってしまいました。

吉野家、牛丼販売再開の延期を検討 (asahi.com)
あきれる消費者「安全信じられぬ」 米産牛肉に危険部位 (asahi.com)
[PR]

by starbucks2 | 2006-01-21 04:12 | ニュース


<< 地下鉄の駅にナチュラルローソン      スタバの角田雄二CEO退任へ >>