2006年 01月 24日

ホリエモン逮捕に思う

ついに、ホリエモンことライブドアの堀江社長が逮捕されました。
一般の予想より、かなり早い逮捕でしたね。
市場への影響も考慮したのかもしれませんが、既にかなりの証拠が集まっているのかもしれませんね。

報道では、堀江社長は全面否認とか言っていますが、事実関係は認めつつ、違法な行為とは思っていなかったと主張しているようなので、全面否認とはちょっと違うと思います。
堀江社長の生の話も聞いたことがありますが、テレビやいろんなところでの発言等からすると、堀江社長という人は、かなりシンプルで純粋な人のような気がします。
時価総額が重要と思えば、そのためにはなんでもしてしまうような。

そんな性格からすれば、「違法な行為とは行為とは思わなかった」という発言は、本音のような気がします。
ただ、それが、一般の人ならば実質的には違法と思うようなことも、形式的にさえ法律に反していなければよい、という考えだったのではないでしょうか。
急成長するために、法令違反すれすれのグレーゾーンの行為を繰り返してきた結果、実質的に違法行為になっても、違法性を認識しなくなったのでしょう。

ただ、違法だと思っていなくても、処罰は可能です。
殺人犯が、「人は殺したけど、人殺しが違法とは思わなかった」と言っているのと同じだからです。
だから、堀江社長が有罪になることは避けられないはずです。

一夜にして、マスコミや世論の評価が一変しました。
あんなにテレビなんかで引っ張りだこだったのに、批判一色。
ヒルズ族やIT企業は、みんな悪、なんていう雰囲気になっちゃうかもしれませんね。
堀江社長のやってきたことの、何が悪くて、何が良かったのか、冷静に分析できないと、この事件の教訓を正しく得られないような気がします。
[PR]

by starbucks2 | 2006-01-24 23:57 | ニュース


<< 関西学院大学が聖和大学を吸収合併      地下鉄の駅にナチュラルローソン >>