スターバックスと新しいもの大好き (by Starbucks Links)

starbucks.exblog.jp
ブログトップ
2006年 02月 12日

ジャンプの原田選手、失格!

ジャンプ原田、まさかの失格 スキー板が規定超える (asahi.com)

スキー・ジャンプ競技のベテラン原田選手が、予選突破確実のジャンプをしながら、スキー板の長さが違反しているということで、まさかの失格。
なんで違反するようなスキーをつかったの?長さくらいわかるだろって、思いがちですが、これは体重ごとにスキーの長さが決まっているためらしい。

つまり、同じ長さのスキーだとすれば、体重の重い人→飛ばない、軽い人→飛ぶ。
その一方で、スキーは長いほうが、浮力が生じてよく飛ぶので、重い人には長いスキー、軽い人には短いスキーにして、公平を図っているようです。
たぶんこれは、昔ノルディック複合で荻原選手とか日本人ばかりが優勝していたときに、スキーの長さの上限を一律にしていたルールを、身長ごとにスキーの長さを変えて、日本人に不利になったのと同じ考えでは?

で、できるだけよく飛ぶように、許される限りのぎりぎり長さのスキーを使っているから、自分がやせてしまうと違反になるということでしょう。
たった、200グラム体重が落ちたため、原田選手は失格に。
ジャンプする前に、水でも飲んでおけばよかったですね。
でも、ベテランとしては、こんな終わり方はお粗末かも。

ジャンプの原田選手は、失格。
モーグルの上村選手は、5位。
ノルディック複合の高橋選手は、腰痛で棄権。
日本人にとってはさびしいスタートですが、世界における日本の実力からすると、こんなものなのかも。
結果は気にせず、楽しみましょう。
[PR]

by starbucks2 | 2006-02-12 07:16 | ニュース


<< 神戸空港が開港      ドンキ、オリジン弁当の買収失敗 >>