2006年 02月 17日

女子パシュート、惜しくも銅メダル逃す!

スケート女子団体追い抜き、日本は4位・トリノ五輪 (NIKKEI NET)

またもや、銅メダルが逃げていく感じ。
3位決定戦に進んだ、スケート女子グループパシュート。
リードしていたにもかかわらず、まさかの転倒で4位になってしまいました。

パシュートは今回から加わった新種目。
2チームが3人ずつで滑って、3番目の選手のタイムを競うというもの。
一人だけが早くてもダメで、一番空気抵抗を受け疲れやすい先頭を交代しながら、どれだけ3人一緒にゴールできるかがポイント。
いつ先頭が入れ替わるか、いかにスピードを落とさずに入れ替わるか。
個々のスピードだけでなく、チームの戦略が重要なところが面白い競技です。

残念な結果でしたが、日本チームも準々決勝は相手チームの転倒による、棚ボタの勝利でしたし、仕方がないですね。
ヨーロッパの競合相手にここまでよくやった感じです。
パシュートという競技を知らしめることができただけでも、大きな成果でしょう。
[PR]

by starbucks2 | 2006-02-17 04:21 | ニュース


<< スタバで、F1のジェンソン・バトン      神戸空港が開港 >>