2006年 02月 28日

メダル1個で、トリノ閉幕

男子回転で皆川4位、湯浅7位入賞=日本、メダルは荒川の金1個-閉幕へ - 時事通信

2週間盛り上がったトリノオリンピックも、ついに閉幕。
日本は、女子フィギュアスケートの荒川選手の金メダル一個という結果に終わりました。

精神的にダメだとか、選手団が大きすぎるとか、いろいろ言われているようですが、冷静に考えれば予想できた結果なのではないでしょうか。
長野オリンピックの頃に比べると、スケートやスキーは、世界レベルの試合で時々メダル取ったりできるくらいで、コンスタントに上位に入れていなかったですから。
それなのに、事前にメダルラッシュになるかのような報道などをしたために、結果に失望しているのでは。

出てくる選手もベテランが多かったのは、それだけ有望な若手が少ないということをあらわしていますし。
スキーやスケートの選手は会社員をしながらの人が多いのに、長引く不況でスキー部やスケート部が解散になったり。
メダルを取れるレベルの選手でも、生活費や練習費用をどうするか、困ったりするレベルですから。
もっと下のレベルの選手なんかは、スケート場がなくなったりして、練習もできないとか
普段そんな状況なのに、オリンピックの直前になって、メダルメダルといっても、難しいのは当たり前のような気もします。

これからは、国をあげて、スキーやスケートなどの競技人口を増やし、その中から選手を目指すような人がでてくる環境を整える必要があると思います。
そして、世界を狙える選手には、練習に打ち込めるような十分な支援をしないと、日本のメダルは増えないでしょう。

<トリノ五輪>日本の成績不振、見込み違いの原因は…? - 毎日新聞
[PR]

by starbucks2 | 2006-02-28 03:08 | ニュース


<< キリン「NUDA」はどんな味?      創業当時のままのモスバーガーが... >>