2006年 03月 11日

イオンが銀行参入

イオンが銀行業参入を正式発表、サービス重視へ転換 (Yomiuri Online)
イオン、銀行業参入を発表・SC来店客に金融サービス (NIKKEI NET)

スーパー最大手のイオンが、銀行に参入することを決定しました。
スーパーの銀行参入は、セブン&アイ(イトーヨーカドー)についで2社目。
ライバルに追いつけ、ということでしょうか。

もともと、イオンはイオンカードが好調のようです。
しかも、イオンが得意としていた郊外での大規模店舗の出店が、規正法ができたため今までどおりには出店できなくなりそう。
そこで、サービス重視へと軸足を移して、会社を成長させようということなのかもしれません。
岡田元也社長は、弟の克也さんが民主党党首として政権を取っていたら、こんな法律できなかっただろうにと、心のどこかで思っているかも。

セブン&アイと同様に、顧客の囲い込みを狙っているのか、イオンも独自の電子マネーを発行するようです。
Edy、Suica、iD、クイックペイ・・・・・。
そこに、セブン&アイに、イオン。
電子マネーはいくつできるのでしょう。
乱立は消費者にとって不便だけでなく、事業者にとっても普及が遅れる原因となると思うのですが・・・・。
[PR]

by starbucks2 | 2006-03-11 02:59 | 新情報


<< F1、鈴鹿と富士の2ヶ所で開催へ      米スターバックスの娯楽部門がロ... >>