2006年 03月 15日

Winnyによる情報流出を止めるには

Winnyを使わないように - 政府と業界が連携して呼びかけ (MYCOM PC WEB)

警察、検察庁、裁判所、刑務所、自衛隊、学校、保険会社、電話会社、原子力発電所、病院、テレビ局・・・・。
Winnyを介した情報流出は、後を絶ちません。
ついには、官房長官がWinny使用自粛を呼びかけるという異常事態です。

でも、Winnyを使っているだけで、情報流出するわけではありません。
1、会社などの機密情報等を使用パソコンに入れている。
2、そのパソコンで、Winnyを使っている。
3、ウイルス対策ソフトをいれていないため、ウイルスに感染する。

3段階もやってはいけないことをしているから流出するわけで、かなりの過失があります。
情報セキュリティ対策として、いくら社員教育を行っていても、必ず一人くらいは意識の低い人が存在します。
岡山県警の事例では、セキュリティ教育担当の責任者が流出させてしまっています。
そんな責任者は問題外ですが、情報流出による回復不能な損害を考えると、単に教育だけでは不十分です。
情報流出させると懲戒免職になるくらいのルールを設けることで、意識の低い人も否応なしに気をつけるようになる環境を整えることが必要なのではないでしょうか。
[PR]

by starbucks2 | 2006-03-15 23:23 | ニュース


<< USENの宇野社長個人が、ライ...      明日はホワイトデー >>