2006年 04月 05日

ドコモが独自のクレジットサービスを開始

ドコモが独自のクレジットカード・携帯決済を強化 (NIKKEI NET)
NTTドコモ、通話料金と合わせて請求する独自クレジットブランド「DCMX」を開始 (CNET Japan)

携帯をつかったクレジット決済サービス「iD」をはじめているNTTドコモ。
現在は、三井住友VISAなどのカード会員向けサービスでした。
しかし、独自のクレジットカード「DCMX」を発行するそうです。

始めるサービスは、「DCMX mini」「DCMX」「DCMX GOLD」の3種類。
「DCMX mini」は、クレジットカードはなく、おサイフケータイでの決済のみ。
中学生以上が利用でき、限度額が月1万円。
4月28日からサービス開始。

「DCMX」は、クレジットカードが発行される。
18歳以上が利用でき、限度額は月20万円以上。
おサイフケータイでの決済が1万円を超える場合は、暗証番号の入力が必要。
5月下旬からサービス開始。

「DCMX GOLD」は、サービスが未定。

いずれも携帯電話料金と一緒に請求されることになり、支払は便利になりそう。
特に注目するのは、「DCMX mini」。
中学生から1万円まで携帯で買い物ができることになるので、若年層を中心におサイフケータイの利用が、今まで以上に加速しそうです。

携帯電話事業は、既に飽和状態。
今後の会社の成長のために、ついに決済事業を本格的に開始。
近い将来、ドコモは通信会社というより金融会社になっているかもしれません。
[PR]

by starbucks2 | 2006-04-05 03:51 | 新情報


<< 抹茶ティーラテ      エクセルシオール・カフェが3タイプに >>