2004年 05月 29日

無人のセルフ・レジ

イオンは、津田沼店で利用客が自分で会計をするセルフ・レジを導入したそうです。

支払いをするレジは、今までどうしても省力化できない部分でした。
無人化できれば、人件費が削減できるメリットがあります。

しかし、どうしても気になるのは、みんなきちんと代金を支払うのか?という点。
自分でバーコードとかを読み取らせるわけですから、中には「1~2個くらいいいだろう」なんて思う人がでてきてしまうのでは、と考えてしまいます。
全くの善意にゆだねているわけではなく、何らかの対策がしてあるのでしょうけれども、他人の目がないと不正をする人はどうしてもでてきます。

最近は、農家の前にある野菜の無人販売所も、お金を入れないで持っていく人が多くてなくなったりしています。
また、書店やスーパーなどでの万引きも急激に増えていて、被害額は年間売上の1~2%と言われています。
本屋だけでも、年間200億円の被害らしいですから、スーパーとなると数千億円の被害があるのではないでしょうか?

そんな時代に、無人のレジは果たしてうまく行くのか?
ちょっと悲しいですが、心配です。
[PR]

by starbucks2 | 2004-05-29 19:58 | 新情報


<< 青いコーラ      男性もスキンケア >>