スターバックスと新しいもの大好き (by Starbucks Links)

starbucks.exblog.jp
ブログトップ
2004年 06月 02日

国民の3分の1が、CATV加入

総務省の発表によると、CATV(ケーブルテレビ)の普及率が33.6%だそうです。
ということは、3人に1人がCATVを見ていることになります。
思った以上に、多くの人がCATVを見ているんですね。

CATVのよいところは、加入していない放送も見れたり、料金が安くなるところにあります。
地方によっては、地上波がうまく受信できなくても、CATVならテレビを見ることができるところもあるかもしれません。
例えば、BSやCSのアンテナ・チューナーがなくても、NHKや民法のBSや、スカパーなどのCSの番組が見れます。
NHKの受信料だって、団体で支払うことになるので安くなる。
最近では、デジタル放送が、放送している地域でなくても、デジタルチューナーがなくても、見ることができます。
(CATV会社によっては、行っていないサービスもあります)

100チャンネル近くに増えたのに慣れると、地上波の7チャンネルしか見れなかったころがなんだったんだろうと言う感じです。
とは言っても、全部のチャンネルを使いこなせるとも限らず、7チャンネルで満足している人はなかなか切り替えないかもしれませんね。

ちなみに、CATVとは、ケーブルテレビ(cable television)の略ではありません。
共同視聴アンテナテレビ(community antenna television)の略です。
[PR]

by starbucks2 | 2004-06-02 00:43 | ニュース


<< FOMAの新機種発表      Yahoo!JAPAN、Goo... >>