2004年 06月 09日

無線LANは他人に勝手に使われる危険

モデム、パソコン、プリンタなどなど、家の中を走り回るLANケーブル。
あまりに邪魔なので、無線LANにしてしまおう。
LANケーブルなしで、家中どこからでもアクセスできる。

ところが、電波を飛ばしているわけだから、家の近所どこからでも誰でも使えるようになってしまう危険があります。
実際に、不正アクセスの犯人が、身元がばれないよう他人のLANを使った事件がおきました
最近は、他人が勝手に使用できないようになっている無線LANの装置もありますが、無線LANの危険性を認識していない人もまだまだ多く、危険なままのところも多いようです。
他人が自分に成りすまして不正にアクセスするだけでなく、パソコン内部にある情報を盗まれてしまうおそれがあります。

企業の場合はさらに深刻。
他人が会社のビルの前に車を止めて、会社の無線LANを不正に使用すると、顧客の個人情報や会社の機密情報などが簡単に盗まれてしまうことになります。

いま、お使いの無線LANは大丈夫ですか?
[PR]

by starbucks2 | 2004-06-09 16:16 | ニュース


<< キティちゃん、30歳      タリーズのスムージー「マンゴー... >>