2006年 08月 25日

さよなら冥王星

冥王星外し、惑星数8に 国際天文学連合が新定義 (asahi.com)

ついに国際天文学連合の総会で惑星の定義が定められ、冥王星が惑星から外れることになりました。

冥王星は、発見された後に予想よりかなり小さいことがわかっていて、専門家の間では惑星に入れるのはおかしいというのが多数意見になっていた星。
だけど、惑星の中で唯一アメリカ人が発見したということで、アメリカの意向もあって除外しにくかったわけです。
(ディズニーの「プルート」やアメリカ人が発見した核物質の「プルトニウム」が、冥王星=プルートにちなんで名づけられているくらい、アメリカ人の誇り)

最近は、冥王星より大きな「2003UB313」という番号の星が発見されていて、この星を惑星に加えないと冥王星との整合性がつかないことから、どうしようか問題になったいたわけです。
ですから、冥王星を除外するのは、真っ当な結論といえそうです。

これで、「水金地火木土天海」になってしまうわけですが、当初の案の「水金地火セレス木土天海冥カロン2003UB313」よりは覚えやすくていいんじゃないですか。

たとえ冥王星が惑星ではないとしても、冥王星が太陽系に存在することは変わらないですし。
惑星という言葉も、人間がカテゴリ化する都合に過ぎない訳ですから、冥王星自身にとって見れば関係のないことです。
ちょっと騒ぎすぎかも。
[PR]

by starbucks2 | 2006-08-25 09:21 | ニュース


<< この人が「ちかまろ」!      夏の期間限定タンブラー >>