2004年 06月 13日

マツタケ、2本で6万円

季節はずれのマツタケが2本で6万円で取引されたそうです。
1本3万円!
いったい誰が食べるんでしょう。

「香りマツタケ、味シメジ」。
独特の香りと人工栽培できない希少性から、高級食材として人気のマツタケ。
しかし、喜んで食べるのは日本人だけ。
外国の人には、変なにおいのキノコに過ぎません。

日本人でも、マツタケを見せないようにして匂いをかがせると、「靴下のにおい」と答える人もいるようです。
しかも、マツタケがよく食べられるようになったのは、戦後のこと。
そう考えると、高いから人気があるだけなのかもしれません。
[PR]

by starbucks2 | 2004-06-13 03:04 | ニュース


<< エクセルシオール・カフェの「フ...      政治家のブログ >>