2006年 10月 23日

携帯電話の通話無料?メール無料?

「大人になれなかった」ソフトバンク、割安新プランを電撃発表 (IT-PLUS)

ボーダフォンを買収して携帯電話に参入したソフトバンク。
価格破壊が期待されていましたが、買収に1兆円かかったこともあり、いままで価格破壊を起こす様子はありませんでした。

しかし、ナンバーポータビリティーの始まる前日の23日に、突然の発表。
予想外の割引ということで、「予想外割引」。
月額基本使用料2880円で、通話もメールも無料ということで、衝撃的です。

だけど、かなり条件付なんですよね。
まず、月2880円というのは、来年1月15日までに申込した人だけ。

通話無料というのは、ソフトバンク同士の通話だけ。
しかも、通話の多い夜9時から12時の通話は、月に200分まで。
国際電話も対象外。

メール無料というのも、ソフトバンク同士の通話だけ。
しかも、ショートメールだけで、Eメールは有料。
ショートメールを普段使っている人って、どれだけいるんでしょう?

ま、こんなに条件がついていても、あんまり報道されない。
ソフトバンクとしては、激安のイメージがついてくれればいいのだろうから、これまでのところ大成功でしょう。

特定の人だけとの通話が多い人は、二人でソフトバンクにするのなら、お得になるのかもしれません。

通話料0円、メール代0円の「予想外割」スタート! (ソフトバンクモバイル・プレスリリース)

<追記>
翌日、Eメール(S!メール)も、ソフトバンク加入者同士ならば無料にする方針に変更したそうです。
ソフトバンクモバイル、予想外を小出し?・「S!メール」も定額に (IT-PLUS)
[PR]

by starbucks2 | 2006-10-23 23:30 | 新情報


<< タリーズコーヒー、伊藤園に買収される      10月11日、スターバックス1... >>