2007年 01月 22日

あるある大辞典問題について思うこと

あるある大辞典2の番組捏造問題。
全くのデータを採っていないなど、かなり悪質なもので、テレビ局として問題外の行為です。

ただ、こういう健康情報番組については、以前から問題が多く指摘されていたのも事実。
捏造ではなくても、医者や栄養士などの専門家からすれば首を傾げてしまうような、ごく一部の専門家しか主張していない少数説を取り上げたり、裏づけが科学的に十分でないものも多いからです。
データの採り方も、少なければ効果があるように見えることもあるだろうし。
大体、この食品だけを食べれば健康だということなんてあるわけがなく、健康に比較的いい食品を満遍なく食べなければならないはず。

もういい加減に、健康情報番組の情報を鵜呑みにするのはやめましょう。
いままでに健康食品としてブームになった食品を、いまでも全部食べてつづけている人がどれだけいますか?
最初だけ飛びついて、食べなくなった食品も少なくないのでは?
今回が考え直すいいきっかけだと思います。

大量増産でだぶついてしまった納豆。
このままでは、大量廃棄の可能性も。
ダイエットと関係なく、普段から食べていた方、価格下落で今が買い時ですよ。

関西テレビがおわび放送・納豆ダイエットデータ捏造 (NIKKEI NET)
「あるある」打ち切りも 番組捏造、苦情が900件 (asahi.com)
納豆ダイエット実験ねつ造…手口悪質、番組打ち切りも (Yomiuri Online)
フジTV系「あるある」捏造、総務省が事情聴取 (Yomiuri Online)
<番組ねつ造>納豆発注ストップ…業者悲鳴 (Yahoo! News)
[PR]

by starbucks2 | 2007-01-22 22:46 | ニュース


<< スタバで賞味期限切れの見本を誤販売      ゴディバのカフェ? >>