2004年 07月 25日

異業種合同ブランド「WiLL」終了

トヨタ、松下電器、花王、近畿日本ツーリストなどの異業種が、1999年より共同して展開していた「WiLL」が7月いっぱいで終了します。
「遊び心と本物感」ということで、トヨタ「WiLLサイファ」などのヒット商品もありましたが、ターゲットとしていた団塊のジュニア世代が30才代に入ったこともあり、終了するそうです。

どのくらい人に、ブランドとして認知されていたのでしょうか。
いくつか商品は出ていたようですが、それぞれバラバラな感じだったような気がします。
中心になる商品がなく、何のブランドかわかりにくかったということもあるのでは?
コンセプト的にはよかっただけに、大きなブランドにはならなかったのは残念です。

http://www.willshop.com/
[PR]

by starbucks2 | 2004-07-25 02:05 | 新情報


<< プラスティックは燃えるゴミ?      渋谷駅、大改造 >>