2004年 07月 29日

日本語を間違えている人が続出

文化庁の調査で、慣用句などの意味をかなりの人が間違えていたそうです。

間違えた使い方している言葉、結構あります。
読書量に比例するらしいですね。
本を読むようにして、正しい言葉覚えないと・・・。

皆さんは、全問正解でしたか?

「檄(げき)を飛ばす」→○自分の主張を広く知らせる
              ×元気のない人に刺激を与える
「姑息(こそく)」→○一時しのぎ
           ×ひきょうな
「憮然(ぶぜん)」→○失望してぼんやりしている
            ×腹を立てている様子
「雨模様」→○雨が降りそうな様子
       ×小雨が降ったりやんだり
「さわり」→○話などの要点
       ×話などの最初の部分
「住めば都」→○住み慣れれば住み良く思う
         ×住むのだったら都会が良い
「つっけんどんで相手を顧みる態度がみられない」
 →○「取り付く島がない」
  ×「取り付く暇がない」
「実力があって堂々としていること」
 →○「押しも押されもせぬ」
  ×「押しも押されぬ」
「物事の肝心な点を確実にとらえること」
 →○「的を射る(いる)」
   ×「的を得る(える)」
[PR]

by starbucks2 | 2004-07-29 21:23 | ニュース


<< 好調、フリーペーパー「R25」      サザビー、アニエスベーの合弁解消 >>