2004年 08月 12日

UFJと三菱東京の交渉差止めが、一転取消

住友信託銀行が求めていた、UFJグループと三菱東京フィナンシャルグループの統合交渉の差止めが、取り消されました
なんか、その理由が釈然としません。

簡単に言うと、
1、Aさん(UFJ)は、Bさん(住友信託)と婚約(統合の合意)。
2、Aさん(UFJ)が金銭的に苦しくなったので、金持ちのCさん(三菱東京)と結婚しようと考える。
3、Bさん(住友信託)が怒って、「私との婚約を守れ!」と、AとCの婚約を止めさせようとする。
4、裁判所(東京地裁)は、Bさんの言い分を認めて、AとCの婚約をいったんやめさせる。
5、ところが、今回、上の裁判所(東京高裁)が、「A(UFJ)は、怒るようなB(住友信託)には愛想を尽かしているので、婚約は守らなくていい」と判断して、婚約差止めを取消。

約束を破られて、怒るのは当然のような気も・・・。
一度壊れてしまった仲は、慰謝料で決着するしかないということなのでしょうか。
[PR]

by starbucks2 | 2004-08-12 00:00 | ニュース


<< 大魔神佐々木、引退へ      相次ぐ、水道なのに「温泉」 >>