スターバックスと新しいもの大好き (by Starbucks Links)

starbucks.exblog.jp
ブログトップ
2004年 08月 15日

渡辺オーナー辞任の本当の理由は?

電撃的な、読売巨人軍の渡辺オーナーの辞任
今年度のドラフトの目玉である明治大学の一場選手に対して、現金200万円を渡すという不正なスカウト行為があり、その道義的責任を取るということだそうです。

しかし、スカウトで億単位の巨額の裏金が動くというのは、公然の秘密。
本人だけでなく、両親や野球部監督など恩師に巨額の金を渡すと効果があるらしい、と聞いたことも。
違反行為とはいえ、この理由でオーナーが辞任するというのは、今までのプロ野球の事情からするとちょっと考えられない。
公表できない本当の辞任理由が、他にあるのでは?

単純な理由としては、1リーグ制の議論で、散々バッシングされていやになったのかも。
もともと、渡辺オーナーは政治記者で、野球には情熱がなかった人。
国民の多くから非難されてまで、野球のために働くことはない、と思ったのでは?
読売新聞の売上げが落ちるのを、避けたのかも。

そうだとすると、1リーグ制を強く進める人がいなくなり、1リーグは立ち消えになる可能性があります。
それどころか、渡辺オーナー主導で導入した自由獲得枠が、裏金の温床になっていることが明らかになった以上、ドラフト制度の改正につながるかもしれません。

別の理由としては、1リーグに反対する他のオーナーや選手会を巻き込んで、不利な状況にある1リーグを推し進めようとしたのでは。
他にも裏金に関わっているオーナーや現役選手がいることを明らかにして、1リーグ反対のオーナーや選手会の結束を崩し、世論の動向まで変えようとしたのかもしれません。

考えすぎかもしれませんが、不透明な部分が多いこの問題。
プロ野球の将来にためにも、すべて明らかにして欲しいものです。
[PR]

by starbucks2 | 2004-08-15 22:35 | ニュース


<< マイナーな五輪競技も見てみたい      大魔神佐々木、引退へ >>