スターバックスと新しいもの大好き (by Starbucks Links)

starbucks.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:ニュース( 166 )


2006年 02月 12日

ジャンプの原田選手、失格!

ジャンプ原田、まさかの失格 スキー板が規定超える (asahi.com)

スキー・ジャンプ競技のベテラン原田選手が、予選突破確実のジャンプをしながら、スキー板の長さが違反しているということで、まさかの失格。
なんで違反するようなスキーをつかったの?長さくらいわかるだろって、思いがちですが、これは体重ごとにスキーの長さが決まっているためらしい。

つまり、同じ長さのスキーだとすれば、体重の重い人→飛ばない、軽い人→飛ぶ。
その一方で、スキーは長いほうが、浮力が生じてよく飛ぶので、重い人には長いスキー、軽い人には短いスキーにして、公平を図っているようです。
たぶんこれは、昔ノルディック複合で荻原選手とか日本人ばかりが優勝していたときに、スキーの長さの上限を一律にしていたルールを、身長ごとにスキーの長さを変えて、日本人に不利になったのと同じ考えでは?

で、できるだけよく飛ぶように、許される限りのぎりぎり長さのスキーを使っているから、自分がやせてしまうと違反になるということでしょう。
たった、200グラム体重が落ちたため、原田選手は失格に。
ジャンプする前に、水でも飲んでおけばよかったですね。
でも、ベテランとしては、こんな終わり方はお粗末かも。

ジャンプの原田選手は、失格。
モーグルの上村選手は、5位。
ノルディック複合の高橋選手は、腰痛で棄権。
日本人にとってはさびしいスタートですが、世界における日本の実力からすると、こんなものなのかも。
結果は気にせず、楽しみましょう。
[PR]

by starbucks2 | 2006-02-12 07:16 | ニュース
2006年 02月 12日

ドンキ、オリジン弁当の買収失敗

ドン・キホーテ、オリジン買収を断念・TOB不成立を発表 (NIKKEI NET)

オリジンの創業者の子供たちが現経営陣と対立して退社。
そして、持っていた株がドン・キホーテに渡ったことから発生したオリジンの買収騒動。
イオンがホワイトナイトとして経営陣を助けに入ったことで、ドン・キホーテの買収計画は失敗に終わりました。

いまや、みんなが知っている「ホワイトナイト」という専門用語。
1年前にホリエモンが、ニッポン放送の買収をしようとするまでは、一般の人はもちろんのこと、会社経営者ですらほとんど知りませんでした。
ホリエモンは、いろんな意味で1年余りで日本を変えてしまったんですねぇ。
本人も、無名の経営者→有名経営者→タレント→衆議院候補者→被疑者と変わってしまいましたが。

さて、オリジン弁当ですが、とりあえずドンキに買収されることはなくなり、イオンに買収されることになりそうです。
ジャスコの店内に、オリジン弁当ができるかもしれません。
ただ、ドンキが大株主として残る可能性もあります。
イオン対ドンキで、もう一波乱あるかもしれません。

ドン・キホーテ
http://www.donki.com/index.php
オリジン東秀
http://www.toshu.co.jp/
イオングループ
http://www.aeon.info/
[PR]

by starbucks2 | 2006-02-12 05:47 | ニュース
2006年 02月 11日

いよいよトリノ

ついにトリノ・オリンピックが開幕。
開会式の聖火点灯なんか、いままでにないくらい派手で、すごかったですね。
聖火台の火は、聖火とは別の火がついたんじゃない?、なんてつっこみもありそうですが。
ま、そこらへんはいいじゃないですか。

日本選手は、あまりメダルの可能性が少ないためか、他のオリンピックに比べ事前の国内の盛り上がりはいまいちな気もします。
女子フィギュアスケートばかりに注目が集中しているようですが、あまり見たことのない他の種目を見るのも楽しいと思います。

スケルトンとか、フリースタイル・エアリアルとか、バイアスロンとか、スノーボードクロスとか・・・。
どんな競技かわからない方、一度見てみては?

infoseek トリノオリンピック特集 競技紹介
[PR]

by starbucks2 | 2006-02-11 23:23 | ニュース
2006年 02月 07日

東横イン社長、涙の謝罪会見

東横イン社長、不正改造「利便性を追求しすぎた」 (NIKKEI NET)

全国の店舗で、身障者向け客室などの不正改造を行っていた東横イン。
西田社長が記者会見で、涙ながらに謝罪会見を行いました。

つい2週間ほど前は、中村勘三郎さんをふてぶてしくした様な口調で、
「60キロ制限のところを67キロくらいで走る感覚で、やっちゃったんだよね」
なんて言っていたのが嘘のよう。
ヒューザーの小嶋社長のような変貌ぶりです。

東横インは、女性を積極的に役員にしたり、手作りの無料朝食がでたりと、かなり先進的な話も聞かれましたが、すべてコスト削減や儲け重視のあらわれだったのかも。
「東横イン」って名前も、街中で初めて見たときに「東急イン」のパクリかと思いましたが、あながちはずれではなかったかもしれません。
東急インは、名前をパクられ、挙句に東横インと間違えられて抗議の電話を受けたりと、踏んだりけったりですね。

今回の不正改造は、あらかじめ設計図を複数作っているところなどから、はじめから違法建築物にするつもりが見て取られ、法律も守るつもりが全くないかなり悪質な事例です。
ただ、ビルから家屋まで不正建築は少なくないような気も。
土地の半分にしか建物を建てられない建ぺい率50%の土地のはずなのに、目いっぱい建物が建っているところとか珍しくありません。
厳しく取り締まらないと、第2・第3の東横インがでてきそうです。

構造計算書を偽装する設計士。
手抜き工事をする建設会社。
違法改造をする建築主。
日本の建設業界の問題は、かなり根深いような気がします。

東横イン:http://www.toyoko-inn.com/
[PR]

by starbucks2 | 2006-02-07 04:53 | ニュース
2006年 01月 24日

ホリエモン逮捕に思う

ついに、ホリエモンことライブドアの堀江社長が逮捕されました。
一般の予想より、かなり早い逮捕でしたね。
市場への影響も考慮したのかもしれませんが、既にかなりの証拠が集まっているのかもしれませんね。

報道では、堀江社長は全面否認とか言っていますが、事実関係は認めつつ、違法な行為とは思っていなかったと主張しているようなので、全面否認とはちょっと違うと思います。
堀江社長の生の話も聞いたことがありますが、テレビやいろんなところでの発言等からすると、堀江社長という人は、かなりシンプルで純粋な人のような気がします。
時価総額が重要と思えば、そのためにはなんでもしてしまうような。

そんな性格からすれば、「違法な行為とは行為とは思わなかった」という発言は、本音のような気がします。
ただ、それが、一般の人ならば実質的には違法と思うようなことも、形式的にさえ法律に反していなければよい、という考えだったのではないでしょうか。
急成長するために、法令違反すれすれのグレーゾーンの行為を繰り返してきた結果、実質的に違法行為になっても、違法性を認識しなくなったのでしょう。

ただ、違法だと思っていなくても、処罰は可能です。
殺人犯が、「人は殺したけど、人殺しが違法とは思わなかった」と言っているのと同じだからです。
だから、堀江社長が有罪になることは避けられないはずです。

一夜にして、マスコミや世論の評価が一変しました。
あんなにテレビなんかで引っ張りだこだったのに、批判一色。
ヒルズ族やIT企業は、みんな悪、なんていう雰囲気になっちゃうかもしれませんね。
堀江社長のやってきたことの、何が悪くて、何が良かったのか、冷静に分析できないと、この事件の教訓を正しく得られないような気がします。
[PR]

by starbucks2 | 2006-01-24 23:57 | ニュース
2006年 01月 21日

アメリカ産牛肉に危険部分混入

米産牛肉、安全確認まで再び輸入停止・危険部位混入で (Nikkei Net)

アメリカからの圧力で、万全の管理体制をとることを条件に再開かれたアメリカ産牛肉。
輸入再開から、たった1ヶ月でBSEの危険部位が混入し、輸入全面中止の事態となりました。

もともと、アメリカでの飼育方法、危険部位の除去方法、管理方法などには安全性に疑問があるといわれてきました。
予想されたことかもしれませんが、アメリカの主張する「万全の体制」がいかにいい加減か、アメリカの手で証明されたことになります。
まあ、アメリカでは多くの人がBSEなんか気にせずに、バンバン牛肉を消費し続けているようですから、そうなるのも仕方がないかもしれませんね。

これで、アメリカ産牛肉の安全性に対する信頼は、ますます低下。
BSEになってもかまわないくらいのつもりでないと、食べていられなくなってしまいました。

吉野家、牛丼販売再開の延期を検討 (asahi.com)
あきれる消費者「安全信じられぬ」 米産牛肉に危険部位 (asahi.com)
[PR]

by starbucks2 | 2006-01-21 04:12 | ニュース
2006年 01月 17日

ライブドアの強制捜査とは。

ライブドア 証取法違反容疑で本社、堀江社長自宅など捜索 (毎日新聞)
東京地検、証取法違反容疑でライブドア本社など家宅捜索 (Nikkei Net)
ライブドアを強制捜査、関連会社が虚偽公表で株価操作か(asahi.com)

いろんな話題を振りまき、ここ数年で知らない人はいなくなったライブドア。
その本社や堀江社長の自宅などに、東京地検特捜部が家宅捜索を行いました。

容疑は、証券取引法違反。
どこが違反かというと、ライブドアが、2004年10月に子会社のライブドア・マーケティング(当時はバリュークリックジャパンという社名)を通じて、「マネーライフ」という出版社を株式交換という方法で買収した際に、実は既に事実上ライブドアが買収していたことを隠していた点。
まあ、事実上買収していたといっても、ライブドア自体ではなくライブドアが出資しているファンドで、しかも小規模だったから開示義務の対象外だったらしいのですが。

株式交換で買収した場合、株式の数が増えるので株の価値が下がることから株価が下がります。
これを避けるために、株価を吊り上げようと、事実上買収していたことを隠したのではないか、という疑いのようです。

ライブドアは、法律の隙間をつくような方法で、株式を取得したり、時価総額を引き上げて買収費用に回したり、といったことをしてきました。
だから、この手法も違法ではない、と考えていたのではないでしょうか。
でも、脱法的な手法には批判が強かったことから、よく目立つライブドアに強いお灸をすえて、見せしめにすることで同じような方法を取る他社に警告を発するための、捜査のような気がします。

でも、どうでしょう?
堀江社長は、欧米流に法の規制がなければやってよいという考え方で、やってきました。
脱法的な手法は摘発してやめさせるという日本的に見えるやり方は、日本に多額の資金を供給している外国資本の理解を得ることができるのでしょうか。
国際化をすすめるなら、少なくとも事前にガイドラインを示して、どこからが摘発されるのかを示したほうがよいのでは。
外資はすべて締め出して、ローカルルールのある市場にするのなら別ですが。
ライブドアの問題だけではなく、日本の金融市場に関する法制の未熟さが改めて問題となりそうです。

ただ、ライブドアの手法には、違法かどうかは別として問題があったのは事実。
その是正は必要でしょう。

捜査も始まってからまだ半月のようです。
証拠保全の必要性から、容疑が十分に固まる前に強制捜査を先行させたのかもしれません。
もしかすると、これから数ヶ月の間に、これまで報道されている事実以上のことが、明らかになるのかもしれません。
[PR]

by starbucks2 | 2006-01-17 04:19 | ニュース
2006年 01月 16日

ドン・キホーテ、オリジン弁当買収へ

ドン・キホーテ、オリジン東秀にTOB (Nikkei Net)
オリジン東秀、ドンキホーテのTOB「取締役会は賛同せず」 (Nikkei Net)


ディスカウントストアで有名なドン・キホーテ。
持ち帰り惣菜の販売で有名な「オリジン弁当」などを経営するオリジン東秀を買収しようと、株式の公開買い付け(TOB)をするそうです。

以前、ドン・キホーテは、オリジンの創業者から株式を譲り受け、大株主になって事業提携を進めようとしてきました。
しかし、思いのほか提携が進まないことから、買収に転じたようです。
オリジンの経営陣は、同意していないことから敵対的買収になりそう。
はたして、ドンキの買収は成功するのか。

成功したら、ドン・キホーテが開発を計画している、弁当も売っているコンビニ型ドンキが街中にできるかもしれません。
[PR]

by starbucks2 | 2006-01-16 23:20 | ニュース
2006年 01月 12日

マグロ乱獲で、大トロ1個3000円?

高級トロ遠のく 07年漁獲枠、ミナミマグロ半減へ(asahi.com)

ニュース番組を見ていたら、ミナミマグロ(インドマグロ)を取りすぎてしまったので、漁獲量を半分に制限しようという話がでているそうです。

日本人は、大のマグロ好き。
世界中のマグロの大部分を日本人が食べているようです。
問題になっているミナミマグロも、漁獲枠の約半分は日本で、他の国も水揚げ後、日本に輸出しているようなので、やはり最大の消費者は日本人。
ミナミマグロを絶滅させないためにも、日本人が我慢せざるをえないようです。

もっとも、ミナミマグロは日本人が食べるマグロの3%くらいなので、マグロが食べなくなるわけではなさそう。
ただ、トロはミナミマグロのものが安く供給されているそうなので、ミナミマグロが減ると高くなることは避けられないそうです。
1個800円の大トロのにぎりが、3000~4000円になることも考えられるとか。
一口で3000円とはすごいですね。

ま、個人的には大トロはほとんど食べないので、影響なさそうですが。
大トロは、もともとは捨てられていたほど、油っぽい部分ですし。
赤身を食べましょう、赤身を。
[PR]

by starbucks2 | 2006-01-12 03:07 | ニュース
2005年 12月 27日

松井秀喜、日本代表辞退

松井秀、日本代表辞退へ・野球の国別対抗戦 (NIKKEI NET)

来春開催される、野球の国別対抗戦、ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)。
日本代表として期待されていたニューヨークヤンキースの松井秀喜選手が、出場を辞退するそうです。

やはり、時期的な問題で、シーズンに影響することを考慮したようです。
ほかにも、球団オーナーが開催に反対だとか、松井選手自身が見世物的な大会の趣旨に疑問を持っているとか、いろんな噂があるようです。

国別対抗試合にもかかわらず、メジャーリーグが主催である点が、日本の選手会が問題にしたこともありました。
しかし、それ以前に、メジャーリーグ自身の所属選手が参加しにくい形での開催をするという時点で、計画に問題があったような気がします。
オリンピックからも消えた野球が真の世界一を決める大会を行うには、次回以降の開催形態を十分考える必要がありそうです。

ワールドベースボールクラシック
2006年3月3日~20日
http://www.major.jp/wbc/
[PR]

by starbucks2 | 2005-12-27 03:20 | ニュース