スターバックスと新しいもの大好き (by Starbucks Links)

starbucks.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:うんちく( 2 )


2005年 10月 07日

さつま揚げなのか、てんぷらなのか

さつま揚げを「てんぷら」と呼ぶ? VS 呼ばない?(YOMIURI ONLINE)

魚のすり身を揚げたものを、「さつま揚げ」と普段呼んでいる。
でも、関西では「てんぷら」らしい。
じゃあ、天丼や天ざるにのっているような、いわゆる「てんぷら」はなんて呼ぶのだろう?
それとも、揚げ物はみんな「てんぷら」なのだろうか?
唐揚げやとんかつは?
関東と関西では、言葉の使い方が違うものが結構ありそうですね。
「たぬきうどん」とか。

以前、居酒屋でさつま揚げを食べていたときに、鹿児島県出身の人が「これはさつま揚げじゃない」と言っていたことがあった。
材料が違うらしい。
本当はさつま揚げではないものも、知らないうちにさつま揚げと思っているのかもしれない。

日本は狭いようで、結構広いのかも。
知らないこといっぱいあるんだなあ。

そういえば、鹿児島では黒板消しのことを「ラーフル」っていうらしいし。
[PR]

by starbucks2 | 2005-10-07 23:54 | うんちく
2004年 05月 06日

ゴールデンウィークの由来

今日はネタがないので、ちょっとしたうんちくを。
いよいよゴールデンウィークも終わりですが、どうしてゴールデンウィークと呼ばれるようになったのか、ご存知ですか?

昭和26年、映画会社の松竹と大映は、同じ「自由学校」という映画を、監督・配役を変えて別々に製作し、5月5日に同時公開しました。
これが、今までにないほどの大入りとなったため、当時大映専務だった松山英夫さんがこの連休のことを「黄金週間」と名づけました。
そのうち、「黄金週間」ではちょっとパッとしないと言うことで、英語に直訳され「ゴールデンウィーク」と呼ばれるようになったとか。
だから、英語には、「ゴールデンウィーク」っていう言葉はないんですね。

聞いたところによると、このように映画会社が宣伝の意味で使い始めていることから、最近までNHKはニュースなどでは「大型連休」と言って、「ゴールデンウィーク」という言葉を使わないようにしていたそうです。

ま、ちょっと有名な話でしたが。
感心した方は、「へぇ」ボタンを連打してください。
あ、お持ちでない方は、こちらで。
[PR]

by starbucks2 | 2004-05-06 03:06 | うんちく