スターバックスと新しいもの大好き (by Starbucks Links)

starbucks.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2006年 10月 27日

必修科目の履修漏れ?

必修漏れ、35都道県254校に 多くの科目で発覚 (asahi.com)

高校での「必修科目の履修漏れ」が、全国で続々と発覚。
でも、この「必修科目の履修漏れ」というのは、実態をごまかしている言葉ではないのか。

これだけ次々と発覚している事からすれば、受験科目の授業時間を増やすために、意図的に偽装していたと考えるのが素直では?
しかも、生徒のためだからと、むしろ良い事として当然のように多くの学校で行われていたと。

とすれば、254校だけじゃないでしょ。
しかも、いまのところ名前が挙がっているのは、行政が調べやすい公立校が中心。
私立の進学校、特に最近進学実績を伸ばしている高校などもよく調べたほうがいいでしょう。

それで、どれだけ偽装が広がっているか正確な実態を認識した上で、どうやって高校生を救済すべきか考えないと。
今の状況では、バレた高校の生徒は入試直前に補習を受けないといけないけど、バレなかった高校の生徒は試験科目ばかり勉強して入試に臨むことができるという不公平なことになってしまいます。
(ただ、あまり大幅な救済を認めると、きちっと履修したまじめな高校の生徒が馬鹿を見ることになるので、そこらへんのバランスも考えないと)

あと、過去何年も行われていたことが考えられるから、必修科目を学習することなく卒業していった人はどうするのか?
バレなかった去年までの卒業生は良くて、今年の高3だけが苦労するのは、おかしいでしょう。

それに、これから必修の偽装が行われないようにするにはどうすべきかも、考えないと。
学力低下が問題視されて、入試実績に力をいれざるを得ない状況である以上、大学の入試科目を変えないと根本的な防止策にはならないのでは。
とすると、比較的問題の易しい、大学入試センター試験については全受験生の受験を必須にしたうえで、理科・社会も含め全科目必修という高校卒業認定試験的なものにすることも考えたほうがいいかもしれません。
[PR]

by starbucks2 | 2006-10-27 04:39 | ニュース
2006年 10月 25日

スターバックスコーヒージャパン、値上げへ

スターバックス コーヒーは、主力のドリンク類の値上げを発表しました。

値上げは2006年11月8日で、スターバックスラテなどのドリンクが、20~40円値上げとなるそうです。
例)
本日のコーヒー(S) 260円 → 280円
スターバックス ラテ(S) 290円 → 310円
キャラメル マキアート(S) 340円 → 360円
コーヒーフラペチーノ(T) 350円 → 390円

以前、消費税が内税化された時に、1円の端数を処理するために、商品の価格によって値上げか値下げをしたことがありました。
しかし、全面的な値上げは、日本での開業以来初。
店舗展開のコスト増加や、材料費や人件費の高騰に対応するためのようです。

最近のスタバは好調なので、値上げしても売り上げへの影響が少ないという判断なのでしょう。
でも、もともとスターバックスはコーヒーとしては高めなので、値上げはちょっとガッカリ。

値上げする以上は、それだけのサービスアップをお願いしたいところです。

ビバレッジ商品の価格改定について (スターバックス コーヒー ジャパン プレスリリース)
<スターバックス>主力商品の大半、初の値上げへ (毎日新聞) (Infoseek news)
初出店から10年目、スタバ初の値上げ…ラテなど飲料 (ZAKZAK)
スターバックスが11月8日から値上げ、日本進出後初めて。(narinari.com)
スターバックス、初の値上げ (外人投資家の独り言)
[PR]

by starbucks2 | 2006-10-25 02:18 | スターバックス
2006年 10月 24日

タリーズコーヒー、伊藤園に買収される

シアトル系コーヒーショップのひとつで、スターバックスコーヒーのライバルといえる「タリーズコーヒー」
10月30日発売の雑誌によると、親会社のフードエックスグローブごと、「おーいお茶」で有名な伊藤園に買収されるそうです。

経営不振のアメリカのタリーズとの経営統合も目指して、株式の上場を廃止したのですが、統合も出来ず、多角化も失敗していたそうです。
タリーズ以外に、日本茶カフェの「クーツグリーンティー」や、中華風ドリンクの「シャンライカ」も展開していましたが、あまり店舗が増えていませんでしたし、儲かっていなかったんですね。
それで、創業者でもある松田公太CEOの責任問題になっていたとか。

MBOで上場廃止にしたとき、ファンドの出資を受けていたのが裏目に出たのかも。
ファンドは、結果を求めますから、利益が出ないなら売却してしまおうということなのでしょう。

コーヒー以外を売却して本業に特化するとか、社長交替とか、考えられますが、タリーズはどうなってしまうのか?
店内で、おーいお茶とか売り出したり?

あまり利益を求めてタリーズの雰囲気が変わってしまうと、タリーズのブランドイメージも低下してしまいそうなので、コーヒーの味や雰囲気は今のままで、経営改善してほしいものです。

伊藤園がタリーズを傘下に (週刊ダイアモンド・スクープ)

<追記>
資本参加に関するお知らせ(PDF) (伊藤園プレスリリース)
<伊藤園>「タリーズ」株式36.4%取得へ (毎日新聞) (infoseek news)
伊藤園、「タリーズ」を傘下に・株式36%取得 (NIKKEI NET)
「お茶」がコーヒー飲む 伊藤園、「タリーズ」ブランド活用 (FujiSankei Business i.)
「タリーズ」を買収した伊藤園、ブランド活用で「お茶」依存脱却へ。(narinari.com)

松田社長から4%、筆頭株主のACキャピタルからフードエックスグローブの32.4%の計36.4%を48億0600万円で取得して、伊藤園の持分法適用会社に。伊藤園は、ブランド力の弱いコーヒー事業を強化して緑茶にかたよっている商品構成を修正することや、外食産業のノウハウも吸収することが目的。松田CEOは続投する見込み。
[PR]

by starbucks2 | 2006-10-24 20:08 | カフェ(スタバ以外)
2006年 10月 23日

携帯電話の通話無料?メール無料?

「大人になれなかった」ソフトバンク、割安新プランを電撃発表 (IT-PLUS)

ボーダフォンを買収して携帯電話に参入したソフトバンク。
価格破壊が期待されていましたが、買収に1兆円かかったこともあり、いままで価格破壊を起こす様子はありませんでした。

しかし、ナンバーポータビリティーの始まる前日の23日に、突然の発表。
予想外の割引ということで、「予想外割引」。
月額基本使用料2880円で、通話もメールも無料ということで、衝撃的です。

だけど、かなり条件付なんですよね。
まず、月2880円というのは、来年1月15日までに申込した人だけ。

通話無料というのは、ソフトバンク同士の通話だけ。
しかも、通話の多い夜9時から12時の通話は、月に200分まで。
国際電話も対象外。

メール無料というのも、ソフトバンク同士の通話だけ。
しかも、ショートメールだけで、Eメールは有料。
ショートメールを普段使っている人って、どれだけいるんでしょう?

ま、こんなに条件がついていても、あんまり報道されない。
ソフトバンクとしては、激安のイメージがついてくれればいいのだろうから、これまでのところ大成功でしょう。

特定の人だけとの通話が多い人は、二人でソフトバンクにするのなら、お得になるのかもしれません。

通話料0円、メール代0円の「予想外割」スタート! (ソフトバンクモバイル・プレスリリース)

<追記>
翌日、Eメール(S!メール)も、ソフトバンク加入者同士ならば無料にする方針に変更したそうです。
ソフトバンクモバイル、予想外を小出し?・「S!メール」も定額に (IT-PLUS)
[PR]

by starbucks2 | 2006-10-23 23:30 | 新情報
2006年 10月 10日

10月11日、スターバックス10周年記念

スターバックスコーヒー10周年と言うことで、10月11日から記念品などの販売が目白押しです。

10th STARBUCKS COFFEE JAPAN (10周年記念コンテンツ)

<10周年記念限定グッズ販売>
10周年Darumaマグ(360ml) ¥1,100
10周年Darumaタンブラー12oz(350ml) ¥1,100
10周年メモリアルタンブラー16oz(470ml) ¥3,600
10周年トラベルプレス(470ml) ¥2,000
10周年ロゴバッグ 1,800円
~10年間の感謝の気持ちを込めて~ 限定グッズが盛り沢山

<通常は1号店限定のコーヒー豆を限定販売>
「パイクプレイス ブレンド」 250g・1900円
 (テイスティングも全国で実施)
『パイクプレイス ブレンド』 ~世界初、スターバックス コーヒー1号店限定のコーヒー豆が登場!~

<コーヒーマスターによるカッピング・イベント開催>
2006年10月11日(水)、全国の一部店舗で実施(先着順)
コーヒーのプロがクオリティを見極める手法「カッピング」をお店で体験してみませんか?

<新製品販売>
「プレミアム・ホット・チョコレート」
 10月11日より販売開始
COMING SOON PREMIUM HOT CHOCOLATE
(パンプキン スパイス ラテは在庫限りの販売に)

スターバックスコーヒーが日本上陸10周年、記念商品も発売。(narinari.com)
[PR]

by starbucks2 | 2006-10-10 02:16 | スターバックス
2006年 10月 09日

高速道路にスターバックスがオープン

最近、いろんな所への出店が進んでいるスターバックス。
ついに高速道路のサービスエリアに出店です。

場所は、東名高速道路・足柄サービスエリア(上り線)と東北自動車道・蓮田サービスエリア(上り線)です。

足柄なんか、水が富士山麓の天然水だから、かなりおいしいのでは?
通る機会があれば、必ず寄りたいところです。

東北道蓮田SA上り線に10月6日(金)オープン-NEXCO東日本のSAに初出店- (Starbucks Coffee Japan プレスリリース)
高速道路で初の「スターバックス コーヒー」を10月6日にオープン!~東名高速道路 足柄SA(上り)~ (Starbucks Coffee Japan プレスリリース)

「スターバックス コーヒー 蓮田サービスエリア(上り線)店」 (NEXCO東日本運営)
 埼玉県蓮田市大字黒浜桜ヶ丘3475番地3 東北自動車道蓮田SA上り線内
 平成18年10月6日(金) 午前6時30分オープン
 営業時間 6:30~21:00(年中無休)
 店舗面積 29.35平方メートル
 「to go(持ち帰り専門)」タイプ(席なし)

「スターバックス コーヒー 足柄サービスエリア(上り線)店」 (中日本エクシス株式会社運営)
 静岡県御殿場市深沢字前野原
 平成18年10月6日(金) 午前11時オープン
 営業時間 7:00~21:00(年中無休)
 店舗面積 68.3平方メートル
 席数 44席(内テラス席23席)

今後、富士川SA(上り・下り)、浜名湖SAにも出店予定。
[PR]

by starbucks2 | 2006-10-09 02:01 | スターバックス
2006年 10月 08日

スタバ、4万店出店へ。音楽配信も開始。

急にアメリカからスターバックスの新情報が目白押し。

米スターバックスが店舗数4万店を計画、米国では朝食販売も (Yahoo!news)
スターバックス、目標店舗数を3割引き上げ4万店に (NIKKEI NET)
スタバが店舗数目標を4万店に引き上げ、アップルと提携も【WSJ】 (IT-PLUS)
米アップル、スタバとネット音楽配信で提携 (NIKKEI NET)
米アップル、スタバとネット音楽配信で提携 (IT-PLUS)

まず、10月5日に行われた2年に1回の投資家との会合で、
・世界全体で4万店の出店計画(アメリカで2万店、海外で2万店。従来は3万店の計画だった)
 重視するのは、BRICsと言われる国など。
  中国(すでに400店あるのを増やす)
  インド(合弁会社の設立準備開始)
  エジプト(2006年末にカイロにアフリカ1号店)
  ブラジル(2006年末にサンパウロに1号店)
  ロシア(2007年夏に出店)
・アメリカ国内では、ヒスパニック系、女性、低所得者の来店を促す。
・アメリカ国内で朝食(ホットサンド)の販売を開始。
・アップルと提携して、iTunesストア内にスターバックスブランドの楽曲コーナー「スターバックス・エンターテインメント」をつくる。
  1曲99セントで、約1000曲配信(順次追加)
と発表。

すでに世界37カ国に約1万2000店舗を展開しているのに、まだまだ増えるんですねぇ。

朝食のセット販売なんかは、日本でもやってくれると、比較的空いている朝のお客さん増えそうな気がします。
朝の通勤と中にあったら、絶対寄りそう。

音楽配信は、日本ではやらなそうかな。ちょっとコーヒーとは離れすぎていますしね。
アメリカでは、どんな曲がスターバックスブランドとして販売されているのかは、ちょっと興味もあります。

米スターバックス、月次の売上高発表を取り止め=CFO (ロイター) (Infoseek news)

なお、株価が乱高下するので、月次の売り上げ発表を中止するそうです。
[PR]

by starbucks2 | 2006-10-08 12:52 | スターバックス
2006年 10月 06日

就業体験型テーマパーク「キッザニア」開園

9月末から10月はじめにかけて、いくつもの商業施設がオープン。

9月28日には、川崎駅前の「ラゾーナ川崎」
9月29日には、成城学園前駅の「成城コルティ」
10月1日には、原宿の「b6 JINGUMAE」

そして、10月5日には、豊洲に「ららぽーと豊洲」
で、このららぽーと豊洲にある注目施設が、「キッザニア東京」です。

キッザニアは、メキシコ生まれの子供向け就業体験型テーマパークです。
子供のサイズにつくられた街で、子供がそこで実際に働く。
お店があり、工場があり、テレビ局があり、警察官や消防士がいて、議会もある。
いろんな仕事があって、子供がそこで働き、実際にお金を稼ぐ。
稼いだお金は、会場のほかのお店で使うことができるので、子供が働くことはどういうことか実感でき、社会勉強になるわけです。

これ、大人版もできないですかね。
なかなか、ほかの職業って体験できないですから。

これで思い出したのは、京都にある「私のしごと館」
独立行政法人雇用・能力開発機構が、580億円かけて建設した就業体験施設です。

ところが、年間運営費が10~20億円と言われているところ、収入は1億円程度。
毎年、かなり赤字を垂れ流しています。
しかも、このお金、失業のときなどにもらえるはずの雇用保険のお金が建設費や赤字の穴埋めに使われています。
どんなに有用な施設であっても、サラリーマンが働いたお金でまかなわれている保険金を食いつぶしていいわけ有りません。
黒字にならないようであれば、キッザニアに運営させてみてはどうでしょう?

「キッザニア東京」
http://www.kidzania.jp/
[PR]

by starbucks2 | 2006-10-06 08:30 | 新情報